晴れたり曇ったり

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々のレース

<<   作成日時 : 2010/07/03 20:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

久々にマスターズ大会に参加した。

今年の国体会場でもある、千葉国際で開かれたセントラルマスターズフェスティバル。

自宅を6時過ぎに出て、辰巳を通り越して、新木場から京葉線に乗り換え、8時過ぎに到着。

8時半の開門と同時に、席取り合戦を経て、メインプールアップへ。

1レース目が9時半スタートなのに、連続出場とか世界記録の表彰とかが長引いて、開会式がなかなか終わらない。

30分近く遅れて、プログラムNo.1女子1個メ1組目がスタートした。
「よ〜い」とコールして早めのピストル発射は、進行の遅れを取り戻そうとする、出発合図係の意図が表れている。

男子1個メに入った。
女子スタートから待つこと、約一時間経過して、やっと招集されてスタート台へ。
相変わらず早い出発合図でスタートして、flyで控え目に入ったつもりだが、何だか一番でターンしてbaに入ってる。
45mのフラッグを通過して、アップの時には3〜4かきでタッチ版であると確認したはずなのに、手が届いていない。
アレッ?おかしいぞ?と思った瞬間、baのターンのつもりで、一瞬背中を見せてしまった。
ヤバいと感じながら、必死にbrで泳ぎ、frでフィニッシュした。

退水して暫くしても失格の通告がない。
セーブかな?と思いながら、サブプールで200mゆっくりダウンして、セームを取りに歩いていたら、私の失格を告げる通告が。
「何で今さら?」と思うと同時に、情けなさと腹立たしさが交錯して、参加費3500円払って、交通費掛けて習志野まで何しに来たんだか?という気持ちが込み上げる。
しかし、これもやはり「なるようにしかならない」と自分に言い聞かせながら、気持ちを落ち着けて、約一時間後25mfrに臨む。

出発合図係の健闘のお陰なのか、18分遅れにまで回復していた。
その影響で、審判長の笛の直後、すぐに「よ〜い、ピッ」と極めて早い出発合図で慌ててスタートして、ノーブレで泳ぎ切った。
その割には、芳しくないタイム。
しかし、まあここでも「なるようにしかならない」わけであり、でも最後は気持ち良くレースを終えられたので良しとして、千葉国際を後にして、京葉線に揺られて会社へ向かった。

画像

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つまりバッタのタッチがなかった。。。
一瞬の出来事は生きてる間に
何回かはあるんでしょうね^^。
346
2010/07/05 11:18
さんしろう殿

いえいえ、baからbrへの折り返しの時、壁までの距離が足りなかったため、一瞬背中を見せてターンしてしまったんです。

何ともお恥ずかしい限りです。
管理人
2010/07/14 16:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久々のレース 晴れたり曇ったり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる